マイナポイント申請時の注意点とおすすめ決済サービス3つ

マイナポイント

先日申込をしたマイナンバーカード。
4歳6歳の子供含めて家族全員分のマイナンバーカードを受け取り、マイナポイントの申込完了しました。マイナポイントの受取先はオリコカードとLINE Payとd払いとau PAYにしました。
ということで、マイナンバーカード受け取りや申請時の注意点とマイナポイントの申請先をどこにしようか迷っているあなたへおすすめの決済サービスをお伝えして行きます。

マイナンバーカードの受け取りは本人のみ

カード発行までがめんどくさいマイナンバーカード

マイナンバーカード受け取りでの注意点はただ1つ。
マイナンバーカードは本人が市区町村窓口まで受け取りに行かないといけません。
自分の管轄の区役所の受け取り時間は、
月〜金曜日の9時から12時、13時から17時。第2土曜、第4土曜9時から12時でした。

土日休みの社会人や、平日学校がある学生にはカード受け取りまでがとにかくめんどくさいでしょうね。働いて経済を回している社会人や、これから社会を担う学生にこそ恩恵を受けて欲しいマイナポイントなのに。仕事や通学を理由に代理者に委任を頼むのはダメなんです。
カード発行と受け取りの煩わしさがなくならないと、マイナンバーカードの普及率は上がらないでしょうね。マイナンバーカード申請時には使わなかったマイナンバー通知証明書は受け取り時に回収されました。

同時に届くとは限らないマイナンバーカード

家族4人分のマイナンバーカードを申し込んだのは8/25。ほぼ同じ時間に申請したマイナンバーカードでしたが、交付通知書が届いたのは子供の分が9/19、パパママの分が9/21でした。
家族同時に申請しても少し誤差がありました。
取得には約1ヶ月かかるので、早めの申請をおすすめします。

子供のマイナンバーカード受け取りは2点確認
15歳以下の子供のマイナンバーカード受け取りには、保護者1名と子供の身分証明書がそれぞれ2
点必要です。印鑑は必要ありません。
例えば、ママの健康保険証+免許証子供の保険証+医療証です。
忘れないように注意しましょう。
ママだけのマイナンバーカード受け取りの場合だったら、ママの免許証1点のみで大丈夫です。

自分の生活経済圏で使える決済手段を選ぶ

還元率に惑わされてはいけないマイナポイント

マイナポイント申請先は自分の生活経済圏で使える決済を選びましょう。
結局、お得にするためにいくら還元率を上げたって、自分の生活経済圏で使えない決済手段では意味がありません。
マイナポイントは提携先の決済で2021年の3月末までに2万円使わないと5,000円付与されません。

私の場合、子供の分も自分名義で申請したので、LINE Payau PAYd払い2021年の3月末までにそれぞれ2万円使わないといけないミッションがあります。
よく行くスーパー、OKストアで使えるコード決済の3つを選びました。
日々の買物や生活費ですぐに使い切りそうなので、大事に大事に使っています。
自分がよく行くお店で使える決済を選ばないと、マイナポイントに翻弄される生活を送ることになります。(笑)
ちなみに、夫はメインクレジットカードのオリコカードで申請しました。

申請時に注意したいマイナンバーカードの読み取り作業
マイナポイント申込ページでマイナンバーカードが必要です。
そこでマイナンバーカードをスマホで読み取る作業があります。
カメラが起動して写真を撮って読み取ると思っていて、いくら待ってもカメラが起動しなくて5分くらい試行錯誤しました。
これね、カメラが起動するんじゃないんです。同じようにマイナンバーカードがスマホで読み取りが出来ないと困っているあなたに教えます。
マイナンバーカードの上に直接スマホをぴったり置きます。
もしくは1mmも離さずにぴったりと付けます。
マイナンバーカードをスマホにぴったりくっつけると、ブブッ!!っと反応して読み取りが出来ますよ〜!!

マイナポイントおすすめの申請先

7,000円分もらえるWAONはイオンによく行くならおすすめ!!

2020年10月の時点で、マイナポイントの還元率が1番いいのはWAONです。
コード決済ではスマホが必要ですが、WAONだったらカード1枚で支払い出来ます。
7,000円の還元が受けられますが、生活経済圏ではないので他の決済を選びました。
イオンカードは2枚持っていますが、目先の還元よりまずポイントを使い切ることが大切です。
近くにイオン系列のお店があって、よく行くならWAONが1番手軽に使えます♡

9/30まで還元率が1番だったd払い

9/30までに申込すれば最大で7,500円まで還元されたd払い。さすが大手、ドコモ強しですね。
ドコモ口座は周知の通りセキュリティに問題ありなのでやめましょう。ちなみに、ドコモ口座持っていますが、口座のお金を使いきるのが難しくてどうしようか悩んでいます。
dカードに紐づけてd払いをするのがおすすめです。
支払いの都度、マイナポイントが還元されるのがうれしい♡
d払いはよく還元キャンペーンをやっているので、さらなる還元も期待出来ます。
2020年10月からは6,000円のポイント還元になりました。
あとどれくらいポイントの付与が付くのかもd払いアプリから簡単に分かります。

LINE Payはうまく使えば10,000円分還元される!

LINE POINT CLUBというランク制度があり、プラチナランクだとチャージ&ペイ利用時のポイント還元が3%です。LINEPay支払い限定のクーポンが最大10枚もらえます。
※Visa LINE PayクレジットカードをLINEPay支払いに紐付ける必要があります。

11月25日までの申込で5,000ポイント付与と2,500円分までの割引が受けられる10%OFFクーポンが2枚付与されます。
自分の使いたいクーポンを探して、コード決済の際にクーポンを選択しておくという煩わしさはありますが、うまく使えば10,000円分の還元が受けられます。
LINEポイントは使いやすく貯めやすいポイントなのでおすすめです。

今から始めると1,000円もらえる!auPAY

注目度ナンバーワンのauPAYです。9月にユニクロでauPAY決済で20%還元キャンペーンがやっていたので、9月からauPAYを始めました。初心者です。
auPAYでチャージすると1.5%還元されるので、auPAYカードも作りました。
他のコード決済に埋もれてあまり注目されていませんが、コード決済での還元率がひっそりといいんです。チャージにauPAYカードを使えばランクによって3%還元されます。
auPAYのマイナポイント還元は1,000円ですが、これからauPAYを始める人は10月から1,000円もらえるキャンペーンもしています。なので、実質7,000円分の還元になります。
auPAY決済はチャージ式です。
チャージ額が3,000円、5,000円、7,000円と固定で決まっています。
自分でチャージ額を細かく指定出来ないところがデメリットであり、メリットでもあります。
下のスクショの通り、マイナポイントの場合はチャージ額が固定の方がわかりやすいです。
他にもアツいキャンペーンを開催しているので、これからコード決済を始めようとしているあなたはオトクに始められます。

PayPayは還元率は低くて検討圏外

コード決済の先駆けのPayPayは加盟店網の充実がありますが、今の還元率は実質的に0.5%。
最近のPayPayは初期のキャンペーン勢いがなくなり、クレジットカードより還元率が落ちました。
100円からチャージ可能なので、ダイソーなどでの小額の買物には小銭いらずで便利です。
なんとかPayを決済手段に選ぼうとしているなら、今後のためにLINE Payd払いauPAYをオススメします。

クレカに紐づけして最大の還元率に

スマホ決済とクレカを紐づけての還元率を二重取り

コード決済にしぼって言えば、LINE Payとd払いとau PAYの3つがおすすめです。
コード決済にクレジットカードをひも付けすればさらに還元率を上げることができます。

ポイント大好きなので、LINE Payカード、dカード、au PAYカードに各種コード決済をひも付けしてあります。(笑)
スマホ決済とクレカの還元率は紐付けて二重取りできるので、オトクです♡
お金を使うことで最大限のポイント還元が受けられます。

マイナポイントみんな今すぐやるべき

マイナポイントは絶対やったほうがいい

結論から言うと、マイナポイントは絶対やったほうがいいです。
各社独自の上乗せキャンペーンをやっているのでめちゃくちゃお得です。
マイナンバーカードの受け取りまでが少々めんどくさいですが、頑張った後にはポイントというご褒美が待っています♡
赤ちゃんからお年寄りまで全員が平等にお得になるチャンスです。
こんなチャンス逃すのはもったいない!!
今からでも遅くないっっ!みんな今すぐやるべきです。

マイナポイントでよかったこと①

早速ですが、マイナポイントで家計めっちゃ助かっています。
最近だと、LINE payで子供のインフルエンザの予防接種の支払いをして25%還元されました。
1回2,500円の2人×2回分なので、10,000円。
25%還元で7,500円です。コード決済が各種使える最新の小児科なので助かっています。
予防接種って地味に家計に響くんですよね。これから年末にかけて出費がかさみますが、うまく使うと生活費が浮いて家計が助かります♡

マイナポイントでよかったこと②

幼稚園から配布された市に提出する書類でマイナンバーの記入欄がありました。
市区町村に提出する書類ではこれから子供が成長する過程でマイナンバーの記入を求められる機会も増えて行くのかなと思います。取得がまだの方は、マイナポイントがもらえる今のうちに取得しておきましょう。何かの提出書類で役に立つ日がきっとやって来ます。

ということで、マイナンバーカード受け取りや申請時の注意点とマイナポイントの申請先をどこにしようか迷っているあなたへおすすめの決済サービスでした♡

コメント