マイナンバーカードをスマホでサクッと家族分申請してみた

マイナンバーカード

2020年9月からマイナポイント事業が始まりましたね。
お金とポイントはいくらあっても困らないので、マイナポイントをもらうべくマイナンバーカードを家族4人分申請しました!申請書IDが分かれば30分くらいで出来ます。

マイナポイントをもらうためにはどうしたらいいの?とお悩みのあなたに、まずはマイナンバーカードをスマホからサクッと簡単に申請する方法について解説して行きます。

まずはマイナンバーカードを申請する

マイポイントはマイナンバーカードがないともらえない

まず一番大事なことです。マイナポイントはマイナンバーカードがないともらえません。
マイナンバーカードを持っていないあなたは、マイナンバーカードを取得することから始まります。
2020年5月1日時点の交付率は16.4%なので、ほとんどの方がマイナンバーカードを持っていないのではないでしょうか。
ということで、ここからはマイナンバーカードを持っていないあなたがマイナンバーカードを申請するやり方についての話になります。

マイナンバーカードを申請するには申請書IDが必要

申請書IDというのは、マイナンバーカード通知カードと一緒に送られて来た交付申請書に書いてある23桁の数字のことです。

我が家では、マイナンバーカード通知カードは家族分あるのですが、交付申請書は見つけられず。
こっち側を取ってあるあなたはかなり仕事が出来る人です。
平成27年10月に送られてきたであろう冊子は大事に保管してくださいと書いてあったので家にありましたけど。(笑)

マイナンバーカード通知カードはあるけど、交付申請書がないという人はすごく多いんじゃないでしょうか。マイナンバー通知カードは、マイナンバーカード申請の手続きでは一切使いません。
交付申請書がないあなたは下記の方法で申請書IDを申請しましょう。

申請書IDを知りたければ手書きで申請するか、役所に直接行くか
交付申請書を持っていないあなたは2通りの申請方法があります。
①手書き用の交付申請書と封筒をダウンロードして郵便で申請する
②本人確認書類をもって市区町村戸籍課窓口へ行って交付申請書を再発行する

郵送で申請する方法だと、通知書IDがわかるまで郵送してから約1ヶ月かかります。
印刷代+家族分の写真代+家族分の手書きの時間も要します。
申請までの手間と経費がかかるので効率悪いです。※切手代はいりません。

役所が開いている時間に行ける方は、直接役所に行って通知してもらう方法が一番手っ取り早いです。

我が家は役所の戸籍課窓口まで行って家族4人分の申請書IDを通知してもらいました。
世帯代表者の身分証明書だけあれば、家族分の申請書IDが通知してもらえます。
月曜日と金曜日は混むと予想して、水曜日の午前9時くらいに行って10分以内ですぐ終わりました。一例で言うと、ママが自分の免許証を持って役所まで行けば、自分の分、パパの分、子供の分の申請書IDがわかるということです。パパの分の委任状は必要ありません。

マイナンバーカードを申請する方法は4通り

マイナンバーカードを申請する方法は4通りあります。
①スマートフォンから申請
②郵便申請
③自宅のパソコンから申請
④まちなかの証明用写真機から申請

一番さくっと申請出来るおすすめの申請方法はスマホから申請するやり方です。
私は1円も使わずに家族4人分の申請をスマホから申請しました。

もしかして申請のためにわざわざ証明用写真機で家族全員の写真を撮りに行こうとしていませんよね?写真機で申請すると、写真代がかかるのでやめましょう。
郵便申請も印刷代+家族分の写真+家族分の書類を手書きする時間も要しますので、効率的なあなたは選ぶのはやめましょう。

スマホよりパソコンの方が作業しやすい方はパソコンで申請してもいいのですが、まずICカードリーダライタという公的個人認証サービスの読み取り機が必要です。だいたい1000円します。
それに加え、パソコンに専用ソフトのインストールとOS環境が合っているかも気にしなければいけません。ICカードリーダライタという1年に1回出番があるかどうかの機械が必要となる上、申請までの道のりがスマホに比べて果てしなく遠くなることを覚悟しましょう。

スマホからマイナンバーカードを申請する

通知書IDがわかったら、スマホからマイナンバーカードの申請をします。
スマホで写真を撮る+オンライン申請サイトから申請+案内メールから写真を送信する3ステップです。作業が早いあなたは10分で終わります。

①スマホで申請用の写真撮影

まずスマホで申請用の写真撮影です。
壁背景にして正面で真面目な顔を撮影すれば条件は満たせます。

自分はスマホの自撮りで、娘達2人と主人の写真は私がスマホで撮りました。
4歳と6歳の娘達の写真撮影に思いのほか手こずりました。
申請用の真面目な写真なのにふざけてしか撮らせてくれないんですよ。
久しぶりに自撮りをしてあまりの老け振りに少しショックを受けました。。。

②オンライン申請用サイトから申請

写真が用意出来たらオンライン申請用サイトから申請をしましょう。
登録したメールアドレスに申請手続き用の案内メールが来るので、顔写真の登録をして送信します。
手続きが完了したら登録したアドレスに申請受付完了のお知らせが届いて、マイナンバーカードの申請手続きが完了です。お疲れさまでした!!

オンライン申請用サイト

 

確認用のメールアドレスは家族全員私のgmailにしました。
家族の代表者のメールアドレスで一括して申込したほうが混乱せずにわかりやすいです。
③余裕があったら写真補正してから申請するといいよ

悪あがきなんてしない、ありのままの姿での写真でいいというあなたは補正作業は飛ばしてください。PhotoDirectorというアプリで美肌補正が一瞬で出来ます♡

写真加工 & 画像編集アプリ-PhotoDirector

写真加工 & 画像編集アプリ-PhotoDirector
開発元:CyberLink
無料
posted withアプリーチ

アプリで子供の日焼けを補正+自分の美肌補正+主人の美肌補正を施しました。
まぁ、これくらい遊び心を持ってマイナンバーカードを申請してもいいでしょう。
街の写真機にも美肌補正機能は付いていますからね♡

申請までにかかった時間は、自分と夫と娘2人の写真撮影+写真補正作業+オンライン申請入力作業を家族4人分やって合計で30分くらいです。
オンライン申込用サイトでの入力作業は1人分1分あれば終わります。
子供の写真撮影に手こずり、写真補正作業の方に力を注ぎました(笑)

2020年8月25日に申請して、あとは交付通知書が来るのを待つだけです。
いつ来るかは役所のやる気によりますが、だいたい1ヶ月後です。
交付通知書が来たら、本人が必要な持ち物を持ってマイナンバーカードを役所まで取りに行きます。

ということで、マイナポイントをもらうためにはまずはマイナンバーカードをスマホからサクッと簡単に申請する方法についての解説でした。
マイナンバーカードが手元に来たら、家族4人分のマイナポイントの申請についての記事を書きたいと思います♡

コメント